にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ

2008年06月24日

九十九里鉄道の遺跡

その昔、千葉県の九十九里浜の片貝海岸に向かう鉄道がありました。
通称:九十九里鉄道
今はバス会社として会社は残っていますが鉄道部門は既に廃線、撤退しています。今回、遅くはなりましたがそんな九十九里鉄道の遺跡でちょこっとだけ遊んでみました。

0002670M.jpg


ちなみに、九十九里鉄道の気動車はガソリン動力で運転台が片方にしか着いていないと言う、単端式と言う独特のデザインのガソリンカー。終点まで走るとターンテーブルで向きを変えるのと同時にラジエーターに水を補給しないといけないと言う、ちょっと変わった気動車でした。続きを読む
posted by 貨車たん at 02:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

コミケ出展情報!!

さてさて、コミケまで残すところわずかになってしまいましたが…
いろんなトラブルが一気に湧き出てきて…手元に原稿データはあるもののプリントが素直に出来ない状態に…

ぎょ?!?

つまり“はわわわ〜〜〜”な状態なのでぅ。

でもってちゃんと出来そうなのは…
貨車たんカレンダー夏コミまでよ版

イメージフォト写真CD‐R集中央線201系編

イメージフォト写真CD‐R集鹿島鉄道追悼編

そして日本無軌道鉄道と言う新進気鋭の路面電車研究団体からの委託本の都電研究コピー誌が一種類…出る予定です。
他には過去出展製作物のCD‐R写真集を持っていきます。
posted by 貨車たん at 01:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

冬コミ 出展決定!

今度の冬コミ(C73)にサークルが当選したのでお知らせします!

土曜日(29日) 東地区 “Q”ブロック27b
ジャンル:メカミリ
サークル名:るーとのへや

出展予定物は未定ですが、来年のカレンダーは必ず出したいと思います。
他に貨車たん関係では…本に出来ればよいのですが今から間に合うかどうか…かなり危機的状況ですね。でも、管理人の“きつねのるーと”撮影の鉄道イメージ写真のCD‐R集は既刊のほかに新作を一種類以上は作れるはず。そのうち一種はJR中央線201系関連かな?もちろん新車のE233系も含みます。

とりあえず、今回お伝えできるのはここまで!
出展物は直前にまた改めて発表します。
posted by 貨車たん at 21:58| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

お勧めの鉄道擬人化サイト

実は、何時もお世話になっている『web wistariya』(「うぃすたり屋」と読みます)さま以外に当ブログからのリンクを快諾していただけた鉄道擬人化サイトが出来ましたので、紹介させていただきます。

さすがに貨車の擬人化と言う訳ではないのですが、主にJR東日本秋田支社の電車をメインにかわいらしく擬人化されている桜月亭さまとのリンクさせていただく事になりました。
桜月亭の管理人さまは、日本在住の方ではないようですが、秋田方面への愛が溢れるイラストには毎回感服していましたが、先月の夏コミで当ブログからのリンクをあつかましくも申し込んだところ、許可を頂きましたので、此処に紹介したと言う訳です。

桜月亭バナー


今回、夏コミ発表の同人誌はまだイベント限定ですがそのネタは南秋田所属の583系です。たしかに、仙台所属の583に比べると哀れな状態で過ごしてきていた彼女ですが、奇跡の復活を遂げた彼女の物語は583フェチの管理人にとっては涙無しには読めないものでした。
今なら583記念本発行記念壁紙のダウンロードも出来るので興味のある方は是非!

~TS3A0117.JPG

写真提供:Dセンセ

なお、当ブログではこのブログと相互乗り入れ及び乗り入れを希望されるHP、ブログを絶賛募集中です!まずはコメントをお待ちしています!!
posted by 貨車たん at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

記録映像のDVD付き書籍

前回ロータリー除雪車のろーたんの記事だけ書いて、何でこの書籍を紹介しなかったのかと思い改めて記事を起こして観ました。



この作品は鉄道の記録映画の名画として一部で幻扱いされている作品を二つ記録したDVDを付けた書籍です。『ある機関助手』、『雪と闘う』の二作を収めてこのお値段、尚且つ全国書店で入手可能と言うのは非常に嬉しい事ですね。
もちろん、作成時期が時期なので白黒画像なのですが昭和中期の蒸気機関車全盛期の記録映像を楽しんでくださいね。特に後者の『雪と闘う』には除雪作業のすべたが収録されていますので、こうご期待ですよ。





類似品目として
『初公開映像で蘇る昭和のSL DVD BOOK 』

というのもあって、こちらもお勧め度は高いですよ。特に「筑豊本線9600」あたりにはセムたん、セフたん、セラたんを引っ張るキューロクさんの映像が楽しめるはずです。



posted by 貨車たん at 00:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

工場の引込み線 青海電化セメント編

今回は、青海電化セメントの引込み線の周辺を見てきたレポートです。
IMGP4993.JPG
北陸本線青海駅にはJR貨物の荷扱い駅でそこから分岐している電化セメントの専用線と、電気化学の専用線が出ています。今現在、電気化学の専用線は使われている形跡が見られませんでしたが、電化セメント専用線はまだ一部が生きているようでした。
IMGP4977.JPG
工場入り口脇に専用線をまたぐ道路橋があり、そこから見えた電化セメントヤードはこんな感じでした。ヤードの信号搭に『ア ホ』とあったのがナンでしたが、しっかっりと使われている施設であることを物語っていました。レールの赤錆は使われた後、雨が降った形跡ですの色ですから長期間使われていないことを示すものではありません。
この場所の奥に向かって、一般道が伸びていたので車で行けるところまで行ってみましたが奥にはこんな施設が残っていました。
IMGP4988.JPG
今現在使われているのかどうか、川の対岸がトンネルになっているのか一切不明の謎の施設ですが下のプレートガーターの部分には線路が乗っていると見て間違いありません。
ちなみに、道路はこの置くまで続いていましたが、その奥には見るべき施設がありませんでしたので途中で引き返してきました。

*注:】この文章は私の本ブログに記載した物をそっくり転載しました。
posted by 貨車たん at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

『貨車たん』専用ブログ誕生!!

もう一つの私のブログで紹介した擬人化キャラクター、『貨車たん』の専用ブログを立ち上げてみました。
もともとは、よくお世話になっているこがさまの『つく突く法師』BBSで友人の67式さまが夏風邪の高熱にうなされつつ発案したキャラクターです。最初に言っていたのは咳や痰に悩まされていたらしいので素直に『セキたん』を発想したらしいのですが…その発言にじゃ、セラたん、セフたんもいるんですねと答えたいたらいつの間にやらそのキャラクターが出来上がっていたと言う訳です。
0002509M.jpg
セラたん。黒いセーラー服を着たおねぇさん。妹にセムたん、セフたん、姉にセキたん、従妹にホキたん
がいる。

0002520M.jpg
セフたん。黒いセーラー服を着ているのはセラたんと同じ。ブレーキ扱いの車掌室付きの貨車のため、小さいながらもしっかり者で、委員長系の眼鏡っ娘。



【元ネタ】の模型です。
で、当企画ではそのキャラクターをイラスト化できる絵師さん【鉄道が好きな方】大募集中!!です。
また、こんな貨車を擬人化したらこうだなぁ〜と言う企画も募集します。

今のところ仲間うちで出ている企画には…
カラフルな色のグラマラスなボディーを持つタキたん
シリーズ。【タンクの容量がバストサイズに反映している】
二人一組でレールを運ぶ事業用貨車の代表格チキ・チキたん、同じ仕事をしているチ・チキ・チたんの三人組。
黒い、メイド服を着て真っ白い雪と格闘しているキたん。
等があります。
ここのブログではそのイラストと、元ネタの貨車の写真、または模型の商品の紹介をしたいと思っています。


続きを読む
posted by 貨車たん at 16:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
DLサイトバナー1

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。