にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ

2007年10月03日

シキたん お祭りわっしょ〜い!!

『web wistariya』(「うぃすたり屋」と読みます)の管理人、草木一山さまより『シキたんお祭りわしょ〜い』verをいただきました。

シキたん お祭りわっしょ〜い


 シキはトランスなんかの重量物を運ぶ為の貨車だ.っつーかトランス以外運んでない気がする.リクエストは「お神輿」であり,まさにシキと言えばそうだ
なぁと思い関西の「ギャル神輿」を頭に置きつつデザイン.しかし実車はシキ600しか見たことなかった(関西だけ?)為か,神輿は籠にになってしまっ
た.なので結局籠屋なのかなぁと思ったり.草履の下には当初ローラーブレードがあった(車輪が多いので)けど,合わない気がしたのでやめてしまった.
尚,日本○運のマークは商標の関係もあるだろうから,それらしくデザインし直している.


シキたんの擬人化にお祭りお神輿状態をリクエストしたのは67式氏ですが、最近稼動しているシキはお神輿タイプのシキ600形が多いのでこの発想も無理も無いと思います。しかし、このシキ600と言うのは非常に重装備な奴でして3軸台車が4組、総計24軸を装備している超重量物搬送専用の貨車なんですよね。しかも荷役場所を選び、本線上での移動速度にも制限が加えられると言う難儀なやつ。
とは言うものの、そんな重量物をすべて道路搬送すると移動にかかる時間がもっとかかってしまうので、いまだに存在意義があるというモノらしいです。私にしても実車が積載状態で留置されているのを見たのが2度ばかりあるだけでフォトデータが手元にないのですが、ググレば必ず見つかると思うので興味のある方は調べてみてください。








DLサイトバナー1
此処に投稿された貨車たん以外に擬人化された鉄道車両を含む画像集が発売されました!良かったら見てね!!
DLsite.com直リンク

なお、このブログでの使用は草木さま本人からご許可を頂き掲載している事を最後にお断り申します。このブログ内の画像を他の画像掲示板等に投稿されないようお願い申し上げます。(管理人より)
posted by 貨車たん at 22:07| Comment(5) | TrackBack(1) | 貨車たん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 アップありがとうございます.(^^)
 もしかしたら今まで僕が描いた擬人化の中で,最も貨車っぽいかも知れませんね.
 67式さん,アイデアありがとうございます.
Posted by 草木 at 2007年10月04日 17:00
チキたんだけでなく、シキたんズまでキターッ!
…というか、シキたん考案の最中にチキたんのイメージが浮かんだ…と、ちゃんとチキたんの方のコメントに書いてありますネ。

実はこのシキたんズ、絵師くろぶたにも持ちかけていたのですが、あっさり断られたという経緯もあります。
…やっぱり、「車輪1コにつきシキたん1人換算、総勢48人がかりの大神輿とか山車のイメージで」というのは酷だったかナ…?

ミリヲタ話としては、大戦中にドイツ軍が使用した60cm(_ではなくaですよ!)自走榴弾砲カールの輸送用貨車がこんな感じでした。
ちなみにこのカール君、自走とは言っても陣地内をゆ〜っくりと移動できる程度で、逆にこれだけバカでかいと牽引で動かすには無理があるので自走化されたのだと思われます。

…む、さらに草木さんの創作意欲をかき立てるようなアイディアを提供しなければ…ッ!
え〜とえ〜と、…「ガテン系おネェさんのマルタイさん:CV喜久子姐さん」!?(まァ純然たる貨車ではないけれど)
Posted by 67式 at 2007年10月09日 04:02
 車輪1個に1人はちと酷かも….(^^;
 そうなんですよ,シキたん考えててチキたんが出てきたのです.2人より1人の方が楽なので,先描いちゃえと.(^^;;

 カールというのはよく列車砲とか言われてる奴ですか? 模型出てますよね.自走できたんですねあれ.(^^;;

 マルタイですかぁ.保守用車に流れるってのもアリはアリですよね.
Posted by 草木 at 2007年10月09日 18:52
カール君は普通の(いや大きさが普通ではないのだけれど)キャタピラ付きの自走砲で、鉄道輸送時はシキたんズみたいな専用貨車に挟まれて(ブラ下がって?)移動します。
で、この「鉄道輸送形態セット」も実は模型化されていたりします。(あな恐ろしや…)
列車砲として有名なのは28cm口径のレオポルド君か、はたまた「軌道上の怪物」こと80cm列車砲グスタフ君ですネ。
レオポルド君の方は、28cmという巨大砲を陸上で効率良く移動させるために鉄道車輛という形態をとっているのですが、グスタフ君の方は列車砲と言ってももカール君の自走用キャタピラと同じく、せいぜい陣地内移動が精一杯かと。
何しろ複線跨いで鎮座しているので、コレをホントに鉄道輸送するコトにしたら移動経路の線路をすべて複線化しなければならない…。

現在は貨車の種類が激減しているので、レパートリー増やすとしたら対象の間口を大きく取るか、過去の車輛にネタを求めるしかないですネ。
え〜、今ふと思い付いたトコロを加えると、
「屈強なアホ毛で車輛を懸吊する」操重車たんとか、
陶器専用車というコトでイメージは「緋が走る」!?(←実は中身読んでいない…)のポムたんとか、…いやいやポムの「ポ」は「ポット」の「ポ」、陶器製ポットが似合う姿と言ったらやっぱりメイドさんでしょう!
でもメイドさんは雪かき車で登場済みだから、ならば昭和初期の頃の、和洋折衷タイプの「お女中さん」?(←あおがえる先生推奨!!…かも)
Posted by 67式 at 2007年10月09日 19:45
いまさらながら昔のネタを蒸し返してしまいスマソではありますが、かの三岐鉄道の貨車博物館に、現在シキたんが連行されてきて晒し者にされている…、…もとい、寄贈を受けて展示されているというコトをつい先日、まったくの偶然に知りましたですだよ。

いつか行かねばならぬ、「約束の地」貨車博物館。
急行「銀河」乗車も兼ねた行程を立てられないかナ…?
Posted by 67式 at 2007年11月30日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58675480

この記事へのトラックバック


Excerpt: 萌え擬人化を擬人化した萌え擬人化(もえぎじんか)は、現代の日本の漫画・アニメなどに関する同人用語で、人間以外の動植物や無生物・概念などが「実は人間(の姿)だった」と仮定して萌えと結びつける行為。作り上..
Weblog: 萌えの殿堂
Tracked: 2007-10-18 09:57
DLサイトバナー1
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。