にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 貨物列車へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ

2009年10月07日

羽後交通『デハ3』公開について

今、アキバ系の萌えで町興しを図っている秋田県の羽後町には羽後雄勝線で走っていた木造電車のデハ3が箱入り状態で保存されているのですが…今月半ばの24日に開かれる萌え系イベントに平行して、公開することになったようです。

IMGP7720.JPG

詳しいことは『かがり美少女イラストコンテスト実行委員会のページ』『羽後交通雄勝線の「デハ3」特別公開のお知らせ (美少女イラスト秋まつり@羽後町)』
を参照にしてください。

なお普段は小屋の中に大事に保存されていてちょっと曇った窓ガラス越しにしか見ることが出来ません。それが今回は特別に公開されるということなんです。ちなみに羽後町スティックポスターの第1段の中にコノデハ3を秋月角館さまが擬人化して描かれているので、興味がありましたら比較されて見るのも良いかも知れませんね。

banner01.jpg

それにしても…
暇は有るけど…秋田県は遠いですね…いや、7月には行ったんですけど…流石に今月は軍資金が不足しているので…。でも、行きたいなぁ〜









ちなみに前回の羽後紀行の時にはJR東日本の土日きっぷを使用し、仙台まで新幹線を使い、仙台からは駅レンタカーで羽後まで一足飛びに出かけたのでした。ちょうど、高速土曜休日1000円と、駅レンタカーのサービス期間だったのでお出かけ代金はかなり低めで出かけることが出来ました。なお、仙台から羽後町町役場付近まで高速道路を使って所要4時間半程度でした。
レンタカーを新庄からではなく仙台からにしたのは帰りの新幹線の本数の多さからで、ドライブの距離を短くしたいのであれば新庄から一般道で羽後町へ至ったほうが楽ですね。

もし、車の運転が出来ないのであれば…最寄のJR駅は奥羽本線の湯沢駅で、其処からバス、またはタクシーとなりますがタクシーだと駅から街中まで3〜4000円程度かかると言われていますから、誰か車の運転が出来る同行者を見つけて一緒に駅レンタカーで出るのが良いと思われます。また、宿泊先ですが羽後町の宿泊施設か、または近隣の横手、大曲のビジネスホテルに泊まるというのがお勧めです。横手や大曲に止まることを考えるとなおさら車の使用が理想的と言うことになりますね。
徹底的に公共交通機関に頼るのであれば、イベント限定の臨時バスが秋田市内から出る予定とのことなので秋田大曲フリーきっぷを使ってあけぼの乗車でそのバスに乗り継ぐと言う手もあります。もちろん、夜行バスで秋田に乗り込むのもありですね。
全国主要都市を結ぶ高速バス!オンラインで料金・空席が一目でわかる!






前日入りするのであれば航空機の利用も考慮に入れて良いですね。









そして単独でのお宿の探しは…












posted by 貨車たん at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129688007

この記事へのトラックバック
DLサイトバナー1